つま先から編むアラン模様の靴下 MANLY ARAN SOCKS完成

manly aran socks

こんにちは、ローズマリ-です。

Wendyさんの靴下本、Toe-Up Socks for Every Body (English Edition)から、アラン模様の靴下を編みました。

この本を買ったのはずいぶん前なのですが、実際に編んだのはこれが初めてです。

「TOE-UP SOCKS」というタイトル通り、この本に載っている靴下はすべてつま先から編むタイプです。

著者はウェンディ(Wendy)さん。つま先から編むソックニッターとして有名な方です。以前編んだ「ウェンディさんのつま先から編む靴下」を考案された方です。

wendyさんのつま先から編む靴下ウェンディさんのつま先から編む靴下。靴下編みの基本がわかります。

Manly Aran Socksの編み方

  • 使用糸 REGIA Silk 50g×2玉
  • 使用針 2.5mm輪針/2.0mm輪針
  • パターン MANLY ARAN SOCKS

この靴下はほんとにつま先の一番先から編み始めます。

2mmの針を使ってTurkish Cast-onで作り目をし、2段ごとに両端で増やし目をしながら模様編みの直前まで編みます。

ここまでは片足ずつ編むほうが編みやすい。

2足できたら、足の裏側は2mm、甲側は2.5mmの針を使って両足同時に編みます。

片足ずつ編んでも良いのですが、左右同時に編むほうが両方いっぺんに出来上がるので私はいつも同時編みです。

編みはじめはこんなかんじ。

MANLY ARAN SOCKS編んでる途中

片方にマーカーをつけておくと、どちらから編むのかわかりやすいです。

足の長さから7.5cm引いた長さまで編んだら足裏側を増やし目していきます。ここまでは同時編み。

かかと部分は片方ずつ編みます。

両足のかかと部分まで編めたら、また2足同時編み。両側に模様を入れて足首からのレッグ部分を編みます。

適当な長さまで模様を編んだら最後は一目ゴム編み(表目はねじり編み)。巻止めをして完成です。

編み上がったばかりのときの写真です。残り糸はほんの少し!ぎりぎりまで毛糸を使えました。

つま先から編む靴下完成

スチームアイロンをかけて形を整えたら完成です。

MANLY ARAN SOCKSを履いてみた

男性用の靴下なので、相方くんに履いてもらいました。

manly aran socks

模様部分の表編みはすべてねじり編みなので、くっきりと模様が浮き上がってます。

編み始めは模様部分のなわ編みに手こずりましたが、編み進むうちに慣れてきてスピードアップ。約1ヶ月で完成しました。

次も同じ本から自分用の靴下を編む予定です。